raftingteamTEIKEI
      
shamanwork
      
arena
      
teva
 

 
 
 
 

We don't inherit the earth from our ancertors,
We borrow it from our children

『地球環境は祖先から引き継いだものではなく、次世代からの預かりものである』
-ネイティブ・アメリカンのことば-

We don't inherit the earth
from our ancertors,
We borrow it from our children

 
『地球環境は祖先から引き継いだものではなく、
次世代からの預かりものである』
-ネイティブ・アメリカンのことば-
 
 
 
浅 野 重 人   

asanoshigetoprofile
'74年南アフリカ共和国ヨハネスブルグ生まれ。'93年オーストラリアで日本人として最年少(19歳)でラフティング・インストラクターとなる。以降、ラフティングの魅力に虜になり、世界17カ国40以上の激流を下る。'99年ラフティング日本代表チームを結成し競技ラフティングで世界に挑戦するも、全く歯が立たず世界とのレベルの違いを痛感する。その経験から世界と日本の違いを徹底的に研究し、リーダーシップ、チームワーク、状態管理術、メンタルトレーニング等において、日本人の強みを活かした独自の理論を構築する。目標を達成する為に自然の流れに抵抗するのではなく、「流れを読み、流れを掴む」にはどうすれば良いかを研究し、チームワークを武器に体格の違う海外チームと勝負する戦略を生み出す。‘07年韓国での世界大会でアジア初の3位入賞。'09年ボスニアヘルツェゴビナでの世界大会で準優勝。'10年オランダでの世界大会で総合優勝を成し遂げ、日本が向こう50年はかかる、と言われていた競技ラフティングを世界一に引き上げた。'11年コスタリカ世界大会では、世界2連覇を達成。現在は、ラフティング以外にもこれまでの経験を活かし、チームワークや個人の能力を引き出す講演や研修活動、自然の中で感性を育む「シャーマンワーク」、次世代の子供達向けの自然体験教室「ワクワク自然塾」などを開催している。

レースラフティング・プロチーム【ラフティングチーム・テイケイ】監督。
Facebook
世界最大の激流
夢は必ずかなう
著書・DVD
どん底から世界一
 
浅野重人講演
 
浅野重人NEWSWEEK
  • 講演/研修
浅野重人講演

 
浅野重人ヨガ

様々なテーマでの講演を
承っています。

19歳から世界の大自然や文化、人々に接してきました。ラフティングというチームスポーツで世界一を2度経験しました。日本という国を外から見続けてきて、お伝えしたい事が沢山あります。今までの経験を活かして講演や研修(セミナー)の講師をしています。あらゆる組織に新しい風を吹き込めると思います。講演/研修/原稿の依頼について、お気軽にご相談下さい。
 

伝えたい想い

『いまのあなたは、子どもから見て、なりたい大人になっていますか?』良い社会とは大人が輝いている社会だと思います。次の世代を担う子ども達は、今の大人の背中を純粋に見ています。大人が輝いていれば、子どもは「あんな大人になりたい!」と未来に希望を感じるでしょう。その子ども達が未来を創ってゆくのですから。「物質的豊かさ」を求めるあまり、「精神的豊かさ」をどこかに置き去りにした日本。今後ますます「心の教育」が大切な時代になってくると思います。

浅野重人研修

 
浅野重人研修船

 
浅野重人講演録

主な演題/研修内容

『世界一のチームワーク論』
『世界から見た日本の長所と短所』
『リーダーの状態管理術』
『人と人、人と自然が共存共栄する生き方』
『川から見た世界のエコ活動』
『チームワーク強化ゲーム』
『心の整え方』
『呼吸・瞑想法』・・等
 

過去の講演・研修先

TOTOリモデルクラブ
東芝ITサービス
マナテック
テイケイ
キャリアコンサルティング
JC青年の船「とうかい号」サイパン研修船専任講師
日本チームビルディング協会
日本青年会議所
平塚市商工会議所
沼津市環境政策課
環境マテリアル推進協議会
法政大学第二高等学校体育連合
京都大学
公益財団法人堺市産業振興センター
神奈川県青少年指導員大会
東京裁判所
PTA
・・・その他、トークイベントは多数

  • シャーマンワーク

俺

 
シャーマンワーク焚火

 
シャーマンワーク川

 
シャーマンワークエジプト

シャーマンワークとは?

シャーマンワークは、世界中の大自然で20年以上活動してきた浅野重人が、自然界のエネルギーが人間のメンタルに及ぼす要素を追求し、産み出したワークです。
現代社会で「思考=左脳」に偏っている脳の状態を休め、「感覚=右脳」を活性化させてゆく事で、疲れた心身が癒され直感力が上がり、あなたの中に眠る本来の能力を引き出します。続ける事で自分の心の深い部分に気づきます。
シャーマンワークでは参加者の症状を観察し、その人の状態改善に見合ったエネルギー(自然要素)のある場所でワークを行います。その人にあった「処方箋」に自然の力を借りるのです。
例えば、女性の本質的なエネルギーは「水」ですが、競争社会で頑張っている女性ほど、このエネルギーが欠如し、本来の女性性が発揮できなくなっています。状態は更に悪化するとホルモンバランスや肉体の健康にまで影響します。このような人には「水」のエネルギーが溢れる場所にてワーク(呼吸法や瞑想など)をする事によって、見違えるほど元気に優しくなります。
また、多くの人が求める直感力、インスピレーションとは、元から備わっているだけでは無く、鍛える事によってその能力を上げる事が出来ます。それにはあえて思考(左脳)を使わずに感覚(右脳)の使用領域を増やす「脳」のトレーニングが必要です。シャーマンワークではその事を体験学習すると同時に、日常での能力開発方法をお伝えします。
「仕事や現実が忙しい!!」人ほど参加をオススメします。「忙しい」とは読んで字のごとく「心」を「亡くして」いるからです。情報が溢れる現代社会において大切な事は「どれだけ沢山の知識や物を手に入れるか?」ではなく「余計なものを削ぎ落とし、本当の自分にとって本当に必要なもの」を見分けることです。その為には意識的に自分自身と向き合い、自分自身の「心の声」に耳を傾ける習慣をつけることが大切です。
シャーマンワークに参加して、自然体の自分を取り戻すことにより、仕事、家庭、人間関係、全てが改善するでしょう。シャーマンワーク参加後は皆さん、イキイキとした表情になります。
 
 

太古から伝わる叡智を学ぶ

シャーマニズムとはすごく簡単に言うと、「目に見えなくとも全ての物には魂が宿っている」という考え方です。アイヌ、インディアン、アボリジニ等、世界中の先住民族に共通した信念体系であり、人間の生き方そのものです。彼らは「人間はこの宇宙にある地球と言う星に生かされている存在である」と捉え、自然のリズムに寄り添って生きてきました。縄文人のDNAを持つ我々日本人の奥深くには、この感覚が深く刻まれているのです。それは突き詰めて行くと「宇宙におけるこの地球の役割は何か?人間は何故存在しているのか?」という問いに行き着きます。太古からその叡智を伝え続けてくれた先人達がいました。しかし現代人の価値観が「精神的なもの」よりも「物質的なもの」に重きをおき続けた結果、その叡智を伝える者(伝承者)がいなくなってきてしまいました。今の人類は、精神的に退化してきています。「目に見えるもの、は、目に見えないもの、によって成り立っている」。私たち人間がこのまま地球環境を壊し続ければ、確実に自然淘汰が起こり、地球が壊れる前に沢山の人間が亡くなる事になるでしょう。いま自然界で起きていることは、全て地球から人間全体へのメッセージです。我々の先人達が伝え続けてくれた大切な叡智を掘り起し、学び、次の世代に伝えてゆくことをしなければいけないのです。シャーマンワークを始めた本当の理由は、そこにあります。
  • ワクワク自然塾

ワクワク自然塾川

 
ワクワク自然塾座禅

 
ワクワク自然塾山

 

知識を詰め込むのではなく、自然での体験を通した教育を子ども達に!!

「ワクワク自然塾」は、生存本能、創意工夫、チームワーク、しつけ・・を学ぶ、子どもの自然体験教室です。
私が世界から日本に戻ってくるたびにいつも感じる事があります。それは日本の川は、気軽に水辺に近づくことのできない場所が多いということです。これは日本全国どこの川でも言える事です。ゴミの不法投棄を防止するため、水難事故を防止するため・・。色々と理由はあるようですが、それは世界の常識とあまりにもかけ離れていると感じています。
本来自然とは、全てがそこにある最高の人生の学び場所です。我々人間は、自然の上に生かされているのですから、自然から知恵を学び、自然と共に生きる事は、何よりも最優先で学ばなければいけない事です。私達の先輩達も、その自然との付き合い方を教えて続けてくれたはずです。
しかし、問題が起きないように自然に人を近づけない、危ないから自然に近づけない・・、という考え方。今のように「しない、させない」だと、人が自然環境からますます離れていってしまう。「自然体」と言う言葉が示す通り、人は自然から離れると不調和を起こし、自然から近ければ優しさ、思いやり、生きる力、創造力を鍛えられます。今、世の中に出ている「心」の問題のほとんどは、人が自然との一体感から分離した事に起因していると感じています。
子どもを学歴社会での勝ち組となる様な塾に行かせるのではなく、他者を思いやり共に力を出し合うチームワーク、不慮の事態に対応出来る本能力、何事も思い通りには行かないことを学ぶ謙虚さ、簡単にめげない不屈のチャレンジ精神・・を学ぶ塾に行かせる。今後増々、そのような事が大切な世の中になってくるのではないでしょうか?それら全ては自然の中で学べます。知識を詰め込むのではなく、自然から体感して腑に落ちた「使える知恵」を子どもの頃から学ぶ。 それが「ワクワク自然塾」の活動趣旨です。
 
 

海に国境は無い!自然を愛する人々による、国や人種や価値観を超え一つになる時代を目指して!

今後「ワクワク自然塾」は、海、そして世界に出て行きます。
この海の向こうにはどのような世界が待っているのだろう?
世界にはどんな場所があり、どんな人達がいるのだろう?
今までの価値観が壊されてしまうような、衝撃的な体験がある
そう考えるとワクワクしてきませんか?その「ワクワク」こそが、未来を創る原動力だと思うのです。子ども達には、それを一番感じて欲しいと思っています。